日記 青森

青森には歴史のロマンを…感じざるを得ません!

2019/06/11

寒いです。

青森は、寒いです。

もう気温が、夜は10℃以下なんです。

秋を通り越して冬の訪れを感じる青森県です!

そろそろ暖を求めて南下する予定なんですが…

まだ残っている心残りを解消するために、あとちょっとだけ滞在が続きます。

 

心残りのひとつは、青森県の左の半島(津軽半島)に行けていなかったこと!

まずは、北海道新幹線の開通に合わせて作られた

「奥津軽いまべつ駅」に隣接されている道の駅「いまべつ」に向かいます。

途中、外ヶ浜町にある「大山ふるさと資料館」に寄り道。
image

道にある看板でこの場所を知ったのですが、この周辺で見つかった土器片が

世界最古クラスの土器片だったそうで

縄文文明が、世界四大文明(メソポタミアとか)よりも古い文明なんじゃないか説を

まことしやかに裏付けてしまう衝撃的発掘物だそうです。

写真OKだったので撮ってきました( ̄▽ ̄)
image

青森県は歴史のロマンに溢れていますねぇー。

寄り道をした後、道の駅「いまべつ」に到着して車中泊。

次の日、青函トンネルの青森側の入口を見てきました。
image
↑神社もある。一応お参り。

ちょうど北海道新幹線が通ったので激写!
image

これが北海道の青函トンネルと繋がってるんですねぇ。

ちなみに青森側の青函トンネル記念館は、道の駅「みんまや」という

津軽半島の最北にある道の駅と共同運営してるみたいで
image

こちらは坑道の中をケーブルカーで見学できるそうです!

私たちは、北海道側の記念館で満足してしまった(&金額に躊躇したw)ので

今回は乗りませんでしたが、興味ある方は冬季以外で行ってみてくださいね。

そしてこの場所の近くにある、心残りのひとつ「階段国道」へ!
image
徒歩でしか行けない国道です!!

そしてこの辺りは「龍飛岬」と言われる、津軽半島の最北岬で…

石川さゆりさんの「津軽海峡・冬景色」の歌詞の中に出てくる岬なんですね。
image
右側の石碑にある赤いボタンを押すと、もれなく大音量で曲が流れますww

このあとは、十三湖を経由してぐぐっと南下しまして、一泊したあとに

あの有名な土器が見つかった「亀ヶ岡遺跡」に向かい
image

遺跡近くは私有地で、展示的なものが全くない公園だったので、展示物のある「縄文館」へGO!

↑の「遮光器土偶」の現物は東京に行ってしまっていましたが、それに似た遮光器土偶の本物が展示されてました。

また写真OKだったので記念にパチリ。
image

そしてこの近くにある「最終氷河期埋没林」という、約3万年前の針葉樹の木の化石を見て触ってきたり
image

(↑分かりにくいですが、岩の中から木が出ているんです!)

 

いやはや。

前回のブログでも思いましたが、青森って

意外と歴史のロマンたっぷりな場所だったんですねぇ。

 

(通ってきた十三湖ですが、こちらはしじみが有名なのは有名な話ですが、道の駅「十三湖高原」にて、有名なヤマトシジミが売っていました。そのサンプルを見たのですが、大きさが4段階あって、一番特大のやつが3cmくらいあって、これ本当にしじみなの!?ってくらいビックリしました)
image

(この調子だとはまぐりくらい大きくなりそうな勢いですが、しじみの大きさに限界はあるのでしょうか…)

0


===========
《スポンサーリンク》

ブログ更新お知らせメール

 
 
===========

【New!】ブログ更新をメールでお知らせします! ε= \_○ノヒャッホーウ!!

読者登録

-日記, 青森