旅女子みおんのキャンピングカー放浪ログ(旧キャンピングカー生活をするアラサー女子の放浪ログ)

■日記 山形 宮城

日本はミステリーがいっぱい!山形と宮城も不思議いっぱい!

2019/06/11

伝えねばー!!

 

…あ、どうもこんばんは( ´ ▽ ` )ノ

とある出来事があって(次回以降の話になってくると思いますが)

気持ちが有り余って思わず叫んでしまいましたww

 

いやー、ですねー。

まぁ立ち話も何ですから、まずはお茶でも一献すすりながら

今回の旅をご覧くださいませ。グビグビ。ぷはー。

 

喜多の郷を出発しましたら、目指すは山形!

まずは、かの有名な上杉謙信が祀られている「上杉神社」へお参り。
image

上杉謙信と同じくらい有名な

「為せば成る、為さねば成らぬ、何事も、為さぬは人の、なさぬなりけり」

の言葉で有名な上杉鷹山も、この近くに像や石碑が建てられていました。

 

その後、近くに「トトロの森」と言う、何とあの

トトロに似た木があるとの事!

ここからちょっと南下して行ってみたら…

image

いたーー!!

トトロ!!

とりあえず最近流行りの遠近法で、手乗りトトロww
image

山形にはもう1つ「トトロの木」があるらしいので

そっちもぜひ行ってみたい!だったのですが…

 

実はその時、旦那様の仕事都合で

再度仙台に向かわなければいけない事が決定していたのです。

なので、そろそろ仙台に向かわなければ行けないタイミングだったのですが…

旦「∑(゚Д゚)絶対にアレ食べてから行くから!!」

と、旦那様の熱すぎる情熱で、トトロの森からとある場所までぶーちゃんを走らせます。

その旦那様の愛情を一身に受けるのが

龍上海 赤湯本店です!!

(↑写真取り忘れたので、googleストリートビューからお借り)

 

このお店は、もうラーメン好きなら知らない人はいないのではと言えるくらい有名。

新横浜のラー博でも出店し、カップラーメンにもなって全国規模です。

 

そのまさに聖地であるこの赤湯本店に、旦那様と共に足を運ぶのは実はこれで3回目。

さらに旦那様単体だと10回以上と言う、本当に旦那様が情熱を滾らせるお店なんですね。

(ちなみに本店と支店では、全然味が違うと言っております)

 

伺ったのが13時くらいと少し遅めの平日ランチでありながら、

やはり少し列ができてたので、助手席から私が先に出撃!先に順番待ち!!

…という、かなりサバイバルな状況で今回も龍上海に挑みましたww いや、本当に並ぶんですよ、ココ。

 

いやー、今回もとても美味しかった!!

次回は醤油も食べようとも思うのですが、ココに来たらやっぱり辛味噌を選んでしまうこの美味しさ!!

今回も来れて、私も満足。旦那様も、大変とっても満足されたようですww

 

そして心残りを解消したぶーちゃん一行は、再び仙台へ向けレッツゴー!!

ミッションを2日ほどで解決した後、今度は仙台を再出発して、塩釜へ向かいます!

 

…ところで塩釜って何があるの?

はい、一ノ宮です。

そう、御朱印です!

こちら「鹽竈(しおがま)神社」にお参りー。

一部修復中でしたが、とても良い神社でした。早く修復されると良いですね。
image

そしてその近くにある「塩釜」の地名の由来になった塩釜がある「御釜神社」へ!
image

この神社、実は

日本三大奇に数えられている場所で

「干ばつ時もたえることのない御釜の水」「大震災時は色が変わる御釜」というウワサで持ちきりなんですよ。

 

そのウワサの「御釜」は、この神社のかなり神聖な

聖杯とも言える神々しい存在なのですが…

なんと実は、奉納金を支払い、約束を守れば、拝見できるんです!!

 

という事で、旦那様とそのありがたーい聖杯を拝見する事に。

神主さんがお祈りを捧げ、続けて拝見(ドキドキ)。

御釜の由来などご説明を頂きます。

 

ちなみに約束の1つが

写真撮影厳禁でしたので、ブログには載せられませんが…

四角い囲いの中に4つ、透明な御釜の水に、赤褐色の神聖なる御釜を、確かにこの目に焼き付けて来ました。

ご興味のある方は、ぜひ訪れてみてくださいね。

 

そしてその先にある、奥松島と呼ばれる

「松島や、あぁ松島や、松島や」

で有名な、松島の中の本当にキレイな松島がある場所に向かいます。

 

あ、ちなみにこの俳句って、松尾芭蕉じゃなくて

別の人の作品らしいですww(←最近知った)

image

image

旦那様曰く、昔見たときはもっとキレイだったそうですが…

東日本大震災の影響でちょっと風景か崩れてしまったみたいです。

でも、私から見れば、確かにそういう場所もチラホラでしたが

メインの松島はキレイな松島だったので、満足な松島でした。

 

はてさて次回、私が冒頭で叫んだ言葉の意味を…お伝えできるかもしれません。

 

(今回ミステリーな内容がチラホラ含まれていますが、実はもう1つのミステリーも見てきました。それが多賀城と呼ばれる、一時期に日本の都心部と言われていた場所の跡が宮城にあるんですね。んで、その周辺にこれまた日本三古碑と呼ばれる石がありまして、それがこの↓多賀城の場所を示す石碑なんですよ。)
image

(横から見ると、スパッと切られたような精巧な面。聞けば聞くほど、日本ってミステリーがいっぱいですね。ミステリィー)

0


===========
《スポンサーリンク》

ブログ更新お知らせメール

===========

【読者登録】ブログ更新をメールでお知らせします! ε= \_○ノヒャッホーウ!!

読者登録

-■日記, 山形, 宮城